団塊の家 新築工事


平成21年1月完工 担当:宮崎
 
用途 個人住宅

構造 鉄骨造

階数 3階

 

工事状況 →こちら

キッチン完成写真 →松岡製作所

敷地は徐々に住宅地の町並みに変わりつつある古い商店街です。変わるものを惜しみつつ、なるべく道路から後退して町並みの雰囲気に柔軟に対応することを考えております。さらに林立する新旧の商店や長屋の中にあって、この建物の顔はどんなものが良いかと考えた結果、手摺や外壁を木のルーバーで作ろうと検討しております、、、安らぎのある我が家へ帰ってきた、と感じれるように。

 さらに1階のフリールームは将来の教室や、テナント貸しも視野に入れながら色んなとこから入りやすいように計画。その半公共性を助長するため、車庫から奥のテラスまでつながれた雰囲気を狙いました。そうして、フリールームの活動性が外観からも受け入れられ、地域に根ざしていけるのではと祈っております。

 3階リビングでは幸い遠くの天神山が見える方角も低層住宅地が予定されていることから、眺望が良く、天神山とそこに佇む寺院が眺められるよう望遠鏡のような空間を狙いました。

 

 

ボリュームの検討
ボリュームの検討
決定した外観は、下のパースをクリックして、進んで見てください。

 

3階リビングのイメージ 色の統一、バランスを要検討。 左にカウンター収納を通したことで、必要なものを必要なエリアに収納することができ、収納計画がしやすい。
1階車庫からフリールームを見たイメージ フリールームは使いやすさ、改修しやすさ、採光を特に考えました。
2階のイメージ 植えた木の四季折々の表情が目に浮かぶ・・・
 

寝室のイメージ 朝日が建具の木目を浮かび上がらせる中、目覚める

 

工事状況 →こちら


完成

キッチン完成写真 →松岡製作所