ひろしま住まいづくりコンクール2010 広島県建築士事務所協会長賞 受賞

自然の息吹を感じる家(西原の家 増築工事)


平成22年11月完工 担当:堀江、宮崎

         
 
コンセプト「日本の風土に合った住まい」

季節を感じ、時の移り変わりを楽しみ、心を遊ばせ、人も自然体で新鮮な暮らしを送る。

 
夏涼しく、冬暖かい・・・庇の増設により日差しの調整。高性能断熱材の使用。
耐震性・・・既存の半分を解体新設することで耐震性アップとコストのバランスを図る。構造用合板下地壁による強度アップ。
動線・・・居間と台所を一体的なエリアとしそこを中心にすることで、寝室、水周り、物干し場が行き来しやすいようにする。
省資源・・・解体した瓦を蓄熱材に利用した屋根裏換気システムにより空調機の負荷低減。無垢の床材に浸透系塗料を施すことにより夏はムレず、冬は冷たくない。既存構造材や建具の再利用。天然に近い状態の建材を使うことで、CO2削減と健康的な建物に。LED電球とエコキュートの使用。
縁側・・・当初南の庭はジメジメして植樹が生い茂っていた。日当たりの良い庭に復活させ、活発に外に出たり、昼寝したくなるような場所づくりを心がけた。
 
用途 個人住宅
構造 木造
階数 2階
受賞 ひろしま住まいづくりコンクール2010 広島県建築士事務所協会長賞