錬心舘空手概要

防具付き組手試合


☆防具付き組手試合観戦のために☆                                 
「音の強弱」
 音の強弱は必ずしも技の強弱ではありません。
 ゆるく握った小手による不完全な突きが大きな音を発する場合もあることを
 忘れないように。
「相打ちの問題」
 たとえばAの突さとBの前蹴りがほぼ同時に決まった。両者の・技の威力に
 差がないか、あっても僅かな違いであれば、相打ちとみなされます。しかし、
 Aの突きは単に当たったというにすぎず、これに反してBの前蹴りは威力充
 分でAの体を2・3歩ふっ飛ばした、というような場合は、これは相打ちで
 はありません。同時に決まっても、審判はBの前蹴りを取るのです。
 双方の打撃の威力に明らかな差違が見られる場合、相打ちは成立しないとい
 えましょう。
「引きのない突き」
 引きとはすなわち空手道でいう残心です。残心のみられない技は原則として
 一本を取りません。空手道においては、いわゆる突きっ放しの突きを突きと
 は認めないのです。
RETURN