アカシジミ Japonica lutea lutea (Hewitson)





 中国山地から瀬戸内島嶼まで、広く分布しています。ゼフィルスの中では最も早く発生する主の一つで、沿岸部では5月中旬にはもう姿を見せます。夕方、緑の木々の梢をたくさんのオレンジ色がチラチラ飛ぶ様は壮観です。
 高校・生物部の活動で、呉線の安登駅から野呂山に登り、途中で採集したアカシジミのことを、なぜか今でも覚えていて、アカシジミを見るとふっと高校時代を思い出します。また、一時、アカシジミのグループを集中的に調べたことがあり、韓国や台湾まで出かけたなど、個人的には思い入れのある蝶です。


      [分 布]  北海道,本州,四国,九州

     [前翅長]  18〜22o

     [時 期]  5〜6月(年1回)

     [食餌植物]  アベマキ,コナラ,アラカシほか     

     [越冬形態]  卵