アサマイチモンジ Limenitis glorifica Fruhstofer





 日本特産種で本州のみに分布しています。広島県でも中国山地から瀬戸内島嶼部にかけて広く分布し、個体数もそれほど少ないわけではありません。
 ある意味、不思議な蝶です。それは九州と四国に分布していないことです。瀬戸内海沿岸部でも比較的普通に見ることができるのですが、すぐ目の前に見える四国には分布していません。また山口県西部まで分布するのに、なぜかほとんど環境の変化がない九州には生息していません。幼虫の食樹はスイカズラで、これは四国・九州でも普通に自生しています。そのためアサマイチモンジが日本に分布を広げた時期と(もしかしかたら、日本で分化した種かもしれません)、その後の地史などが影響していると思われます。しかしまだ具体的には、この分布の謎は解明されていません。


     [分 布]  本州

     [前翅長]  25〜36o

     [時 期]  5〜10月(年2〜3回)

     [食餌植物]  スイカズラ

     [越冬形態]  幼虫