キイロサナエ Asiagomphus pryeri (Selys)

  

広島県賀茂郡大和町萩原 2000年6月25日


 緩やかな河川中流域に生息するサナエトンボとされているが、この「緩やかな河川中流域」という意味が最初はよくわからなかった。この文言は、たとえばコシボソヤンマやホンサナエ、アオサナエなどの生息地でも使われるが、実際はそれぞれの種で微妙なニュアンスの違いがある。これは私の力量では言葉で説明できないが、本種に関していえば、アオサナエやホンサナエなどよりは、より流速の遅い河川を好むようだ。
 本種は、胸部側面の黒斑で種の同定をすることもある程度は可能であるものの、この部分は個体変異が多く、一見するとヤマサナエと区別できない個体もいる。そのため確実に種の同定するためには、捕獲して尾部を精査する必要がある。また生態写真のみで同定しようとする場合には、雄雌ともに、尾部側面がはっきりと見えるアングルで撮影することをおすすめする。
 筆者はこれまで呉市や大和町、広島市などで本種を観察しているが、いずれも成熟した雄がなわばりを張っているところであった。なわばりを張っているせいか、どこも1〜2頭しかおらず、個体数は少ないという印象を持っている。