HOME > BREWERY > 金光酒造で使用する酒米

金光酒造で使用する主な酒米

金光酒造で使用する主な酒米

金光酒造では100%国産米を使用しています。
さらに、麹米にはすべて酒造好適米を使用。
もっとも多く使用している品種としては、雄町米と八反錦になります。
大吟醸、純米大吟醸には主に千本錦を使用。
山田錦は東広島市高屋町の造賀で、減農薬減肥料で特別栽培されたものを一部使用しています。
P1020045.JPG

雄町米

雄町米

 100年以上も前に発見され、現在も栽培されている酒米は「雄町」だけで、酒米としての評価も高い。
 岡山県高島村雄町で岸本甚蔵氏が発見し、広島県には昭和3年に西本武雄氏が「備前雄町」から選抜した「船木雄町」、昭和4年に比婆郡農会が在来種の「雄町」から選抜した「比婆雄町」があった。
 「比婆雄町」を母、「近畿33号」を父として人工交配したのが「改良雄町」で「比婆雄町」の倒れやすいという欠点を改良、昭和37年に奨励品種として採用された。
 酒造過程での扱いはやや難しいが、酒造適性は高く、濃醇で吟醸香のある芳醇な酒ができる。
P1020063.JPG

八反錦

八反錦

 「八反」が生まれたのは明治時代。民間の育成家、大多和柳祐氏が最初に手掛けて明治8年に育成されたとされている。
 それから「八反」は研究を重ね品種改良され、大正10年に「八反10号」、昭和35年に「八反35号」、そして昭和40年に「八反40号」が育成された。
 その19年後の昭和59年に「八反35号」と「アキツホ」を交配させ、「八反錦」が新しい品種として登場。広島の酒米を代表する品種として全国に名を馳せることとなった。
 大粒で吟醸香が高く上品な優良酒に仕上がる。味のバランスが良く、きれいな酒ができる。
P1020061.JPG

千本錦

千本錦

 平成12年から広島で本格的に生産を始めた「千本錦」は、酒米として全国的に知られる兵庫の「山田錦」と、広島の飯米・酒米として知られる「中生新千本」とをかけ合わせてできた広島オリジナルの品種である。
 広島の気候風土に照らして育成されており、「山田錦」と「中生新千本」の両者の長所を受け継いでいる。
 「千本錦」のタンパク質含有量は山田錦よりも少ないため、アミノ酸度が低くなり、すっきりとした味わいになることから大吟醸酒を醸すのに適している。
P1020067.JPG

山田錦

山田錦

 大正12年に兵庫県農業試験場で「山田穂」を母、「短稈渡船」を父とした酒米が生まれ、昭和11年に「山田錦」と名づけられた。
 「山田錦」は平地の田圃での栽培が難しく、非常に複雑な特性を持っており、栽培にはいくつかの適性条件が必要である。しかも、普通の米に比べ稲穂が非常に高く台風などで倒伏しやすい。
 しかし、心白が大きく外硬内軟性に富み、タンパク質含有量が少なく大粒であり、まさに酒造においての適正をすべて備えた酒米であることから、大吟醸酒を醸すのに最適といえる。
P1020066.JPG