ルアーフィッシング@入門タックル
       〜タックルの説明と釣りのワンポイント〜
スポンサーリンク





エギングタックルの選び方と仕掛けの解説


 アオリイカは透き通る体と目のまわりのエメラルドグリーンが美しく、味もおいしい高級食材。このアオリイカをエギ(餌木)を使って釣るので 『エギング』といいます。

 秋は子アオリイカを手軽に、春は大型のアオリイカとの豊かなゲーム性があり、エギングは大人気。そのためエギングロッドやリールなどのエギングタックル が多数販売されており、入門の道具選びは迷いますね。

 エギングの入門に最適なタックルやエギング仕掛け、アオリイカの釣り方を紹介。

 アオリイカの寿命は一年で、夏に生まれたアオリイカは秋から冬に掛け沿岸で成長します。冬は深場へ移動し、春に再び産卵のため接岸して一生を終えます。
 沿岸でアオリイカの釣れる時期は、秋の子イカと春の親イカです。特に秋の子イカは釣りやすいので、入門に適した季節と言えます。

エギングタックルメニュー

 エギングロッドの選び方  エギング用リールの選び方

 エギング用ラインの選び方  エギの選び方  アオリイカの釣り方




スポンサーリンク





エギングロッドの選び方



ロッド選びのポイント


 エギングで使用するロッドは『エギングロッド』として専用ロッドがあります。

 入門に最適な秋の子アオリイカは、桟橋や堤防の足場の良いところでも釣る事ができます。ですから入門のエギングロッドは、短く扱いやすいものを選べば十分。またエギをしっかり動かすにはロッドの適度な硬さが必要です。

 長さは扱いやすい8フィートくらい。秋の子イカにはML〜Mが適します。春にも使いたいのであれば、8フィート半ばでパワーはMくらいが扱いやすいでしょう。

 しゃくるアクションが重要なエギングは、糸と接触するガイドリングに大きな力がかかりますから、強度のあるガイドを使用したエギングロッドをおすすめします。

エギングロッドの目安
 長さ  8”〜8’3”(フィート)  長すぎると扱いにくい
 パワー  Mクラス  幅広く使えます
 エギサイズ  2.5号〜3.5号くらい  初秋は2.5号、晩秋は3.0号くらい
 PEライン  PEライン0.8号  
 価格  実売価格10000円前後  Kガイドなど装備が充実します


楽天市場で安値検索!


価格帯10,000〜14,000円台 (快適な入門用エギングロッド)

 メジャークラフト クロステージ832E クロステージ862E クロスフォースも装備!

 価格帯15,000〜19,000円台 (ワンランクアップの充実機能)

 シマノ セフィアSS R 803M セフィアSS R 806M 軽量とパワーのハイスペック

 ダイワ エメラルダスMX 83M エメラルダスMX 86M チタンガイドとXトルク搭載

 メジャークラフト N-ONE832E N-ONE862E ナノカーボンのNEWモデル!


ナチュラム価格もチェック


icon icon
クロステージ862E
 メジャークラフトのクロステージは本格的でも求めやすい価格が魅力のモデル。このクロステージが3代目にモデルチェンジしました。クロスフォースまで装備して充実した性能です。


【送料無料】ダイワ(Daiwa) エメラルダス MX 83M SHORE
 ダイワのエメラルダスMXは1万円半ばの価格帯でチタンガイドを搭載。もちろんネジレに強いXトルクも搭載しています。同価格帯の製品より頭一つ出た装備のエギングロッドです。



エギングに適したリールの選び方



リール選びのポイント


 エギングで使用するリールは一般に2500番くらいのスピニングリールを使用します。

 入門用にリールを購入する目安は、ラインが別売りで品物が並べて置いてあるものを選んでください。やはり安物のリールはライントラブルの原因になりますから、かごに無造作に入れてあるようなリールでは心配です。

 またエントリーモデルのリールは、1000円くらいの違いでたくさんの機能や快適性が付いてきます。エギングの入門として手軽で機能的な価格帯は、実売で6000円前後(シマノ・ダイワ)と思います。

エギング用リールの目安
 品番  2500番台  巻き取りの早いハイギアも使いやすい
 自重  250g以下が目安  出来るだけ軽いほうがしゃくりやすい
 糸巻量  PE0.8号100m以上  
 価格  実売6000円前後  抑えられた価格で機能や耐久性も十分


楽天市場で安値検索


価格帯5,000〜9,000円台(快適な入門用モデル)

 シマノ サハラ2500HGS サハラ2500 抑えた値段でX-SHIPとHAGANEギア装備!

 シマノ ナスキー2500HGS ナスキー2500 性能もデザインも一新して新登場!

 ダイワ レブロス2500 比較的軽量でバランスの取れたモデル。デザインもGOOD!

価格帯10,000〜14,000円台(ワンランクアップの充実機能)

 シマノ アルテグラ2500HGS アルテグラ2500S ハイスペックの伝統モデル

 価格帯15000円〜(価格・性能が高次元で両立したミドルクラス)

 ダイワ EM MS 2506H 上位機種に匹敵する性能の充実したモデル


ナチュラム価格もチェック



【送料無料】ダイワ(Daiwa) 15レブロス 2500
 ダイワのレブロスが2015年にモデルチェンジ。入門にもやさしいローターブレーキも装備。PEラインも扱いやすいモデルです。さらにこの価格帯では軽量なので、アクションの多いエギングにも適しています。

icon icon
EM MS 2506H icon
 ダイワのEMMSは上位機種のカルディアに匹敵する性能で、値段も抑えられた価値の高いモデルです。




スポンサーリンク





エギング用ラインの選び方



ライン選びのポイント


 エギングで使用するラインには『PEライン』を使用します。

 PEラインとはポリエチレン繊維を編みこんだラインで、『強い』『軽い』『伸びない(高感度)』『高耐食』という特徴があります。そして『熱に弱い(摩擦ですぐ切れる)』『絡みやすい』と扱いにくい面もあります。

 エギをしゃくって動かすエギングでは、PEラインの『伸びない』性質が重要で、アオリイカの釣果に影響します。

エギング用ラインの目安
 号数  0.6〜0.8号  
 長さ  150mくらい  100m以上、余裕をもった長さを確保します

 ラインについてもう一つ、PEラインとエギの間に『フロロカーボンライン』を1.5mほど使います(リーダーと言います)。

 PEラインは摩擦に弱い糸なので、海底やテトラで擦れたら簡単に切れます。それを防止するためフロロカーボンを先端に結び欠点を補います。購入したPEラインと同程度の強度を持つ『フロロカーボンライン』も購入してください。

 PEライン、フロロカーボンラインには、このような製品があります。(リンクは楽天市場で安値検索ができます)


楽天市場で安値検索


(PEライン)
  DUEL ハードコアX4  0.8号 150m 求めやすい値段のPEライン

(フロロカーボン)
 クレハ シーガーエース 3号 60m フロロカーボンリーダーの定番

※簡単でつよい結び方を紹介します ⇒ 図解・仕掛けとラインの結束

《注意》
 糸が切れた場合は出来る限り回収し、必ず持ち帰り環境美化に努めてください。



エギの選び方



エギ選びのポイント


 『餌木』と書きます。アオリイカ釣りの和製ルアーで、エビを模った形が特徴です。エギングのブームもあり、いろいろなカラーや模様のエギが開発され種類が豊富です。やはり有名メーカーは動きや耐久性など信頼できます。

 ここでは、エギングの入門に持っておきたいエギを紹介します。

エギ選びの目安
 サイズ  初秋2.5号、晩秋3.0号  シーズンのアオリイカのサイズに合わせて
 色  ピンクオレンジ  下地が金色のキラキラがアピール度が高い

 色の選択は大切で釣果に影響します。時々の状況や考え方も様々です。経験を重ね自分なりのローテーションを探るのも面白いですね。上記の色に加え、ナ チュラルやダークカラーもあればバリエーションが増えます。(^^)b


楽天市場で安値検索


 ヨーズリ アオリーQ エース 2.5号 アオリーQ エース 3.0号

 ヤマシタ エギ王Q 2.5号   エギ王Q 3.0号


安物エギ(デフレエギ)について


 安物のエギ、いわゆるデフレエギの最大の特徴は、何と言ってもコストパフォーマンス。1個100円や150円で手に入ります。しかし仕上がりがざつだっ たり、羽や重りが取れたりトラブルも多い。

 しかしその安さで積極的に攻められます。また安物のエギでもしっかり釣れるのがおもしろいところ。(^^;)

 ちなみに管理人のお気に入りは、釣具のポイントに置いてある激安の『エギボンバー』。安くてもじゅうぶん釣れます。

  《楽天市場》 エギボンバー 激安200円以下!!



アオリイカの釣り方



アオリイカ釣りのポイント


 アオリイカを釣るエギングの特徴は『シャクリ』です。

 エギをキャストしたら狙った層に沈むまで待ち、そこからエギをしゃくり上げてアオリイカにアピールして、また沈めるの繰り返し。そしてエギにアオリイカ が抱きついたら、後ろの針に引っ掛けて釣ります。

 アオリイカの釣果は『シャクリ』が影響しますので、PEラインやエギングロッドの専用タックルで釣るのです。

《シャクリ》

 糸ふけを取り、ロッドを水平から上方へ(時計で言うと、8〜9時の位置から11時の位置へ)肘を支点に、さらに手首を使い鋭く振り上げます。そこから元 の位置にロッドを戻します。この時糸ふけも回収しエギを再び沈めて・・・を一連の動作として繰り返します。

 アオリイカが掛かるのはエギが沈んでいるとき。なので重みを感じたら、ばらさないように寄せてきます。

 ロッドの動き      エギの動き
     

 ただシャクルだけではなく数種類のテクニックを覚えれば、攻略の幅が広がります。ここでは入門でも練習すればすぐできるようになり、アピール度も高いも のを紹介します。

《2段シャクリ》

 普通のシャクリの応用で2段に分けてシャクリます。1段目は時計で言うと8時から10時、2段目が12時まで、連続してしゃくります。『シュッ! シュッ!!』って感じす。

 アピール度が高くいかにもエギングをしている感じが気持ちいいです。これが出来れば、胸を張ってエギングが出来ますね。(^^)

しゃくり方とアクションを動画で見てみましょう。

ダイワ『釣れるDVD』 YouTube より


《ワンポイント:両手を使ったシャクリ》

 『シャクリは片手で行うもの』と思い込んでいないですか?動画でもみなさん片手でしゃくっていますしね。また片手でシャクルほうがカッコよさそうです。 しかし両手でシャクリを入れたほうが楽にエギングを楽しめます。

 ロッドを持っていない方の手でグリップエンドを支え、前に押し出す方向に力を加えてやります。ロッドを持っている手はシャクル方向へ。グリップエンドと リールの中間を支点にして回転させるイメージです。

 こうする事で力の負担を分散し、楽に鋭くしゃくれます。




スポンサーリンク





 エギング  シーバス  ヒラメ  
 メバル  アジ  チヌ(黒鯛)  ロックフィッシュ
 ショアジギング  ライトショアジグ    

図解・仕掛けと結び方 リールの糸巻き クーラーボックスの選び方 ランディングシャフトの選び方
磯靴の選び方 フローティングベストの選び方 レインウェアの選び方 ヘッドライトの選び方
釣場とは・・・ ライントラブルと対策 魚を締めよう 渡船デビュー