ルアーフィッシング@入門タックル
       〜タックルの説明と釣りのワンポイント〜
スポンサーリンク





ライトショアジギングタックルの選び方と仕掛けの解説


 沖磯や沖の防波堤からメタルジグを遠投して青物をねらう・・・とは言え、重たいジグを使わず、軽量な20〜50g程度のメタルジグを使い小型の青物をねらうライトなショアジギングなので『ライトショアジギング』と呼ばれています。

 遠投性に優れ、いろいろなルアーが投げられるので、青物だけでなくシーバスやフラットフィッシュも狙えて楽しめます。 またショアジギングほどの負担がなく、手軽に青物を狙えるのが魅力です。

 ここではライトショアジギングの入門にぴったりなエントリーモデルや、ちょっとした釣り方を紹介します。

 

ライトショアジギングタックルメニュー

 ライトショアジギングロッドの選び方 ライトショアジギング用リールの選び方

 ライトショアジギング用ラインの選び方 メタルジグの選び方 青物の釣り方




スポンサーリンク





ライトショアジギングロッドの選び方



ロッド選びのポイント


 沖堤や地磯など比較的穏やかなフィールドがメインになりますので、ハードなショアジギングロッドはオーバースペックです。軽快なキャストやシャクリ、そしてファイトを楽しめるくらいのロッドがライトショアジギングに向きます。

 適応ウエイト60g程度のショアジギングロッドや、重めのジグも扱えるシーバスロッド、ライトショアジギング専用のラインナップもあるモデルもありますので、気に入ったものを選んでください。

 しかし小型青物といえどメタルジグの遠投やパワフルなファイトがあり、糸と接触するガイドリングに大きな力がかかりますので、ガイドリングが 『SiC』の製品が安心です。

 ※SiCリング…硬いので耐久性があり、高い熱伝導率は摩擦熱の発散に優れる。

ライトショアジギングロッドの目安
 全長  10フィート前後  飛距離と扱いやすさのバランスで
 ルアー重量  40〜50gが扱える  
 PEラ イン  PEライン1.5〜2号  
 価格  実売10000円くらい  


楽天市場で安値検索


価格帯10,000〜14,000円台(抜群のコストパフォーマンスの入門モデル)

 ダイワ シーバスハンターX 100MH 60gが扱えるシーバスロッド

 メジャークラフト クロステージCRX-1002LSJ クロスフォースを装備して登場!!

価格帯15,000〜19,000円台(ワンランク上の充実機能)

 シマノ  コルトスナイパーBB S1000M ハイパワーXを装備したショアジグ系ロッド

 ダイワ ラテオ 100MH・Q ライトショアジギングに対応するシーバス系ロッド


 ライトショアジギングの迷うのが『どこまでロッドパワーを求めたらいいか』ですが、ライトショアジギングにめったに来ない大物まで想定すると、 ショアジギングロッドのパワーモデルまでいってしまいます。
 あくまでライトショアジギングですので、割り切ることも必要です。40〜50cm程度の青物ならシーバスロッド系でもいけますので、状況に応じて選んでください。


ライトショアジギングに適したリールの選び方



リール選びのポイント


 ライトショアジギングには中型以上のスピニングリールを使います。

 キャストとアクションを繰り返すので、軽さと耐久性が必要です。リール選びもシーバスとショアジギングの中間あたりなので、汎用性の高いノーマルなスピニングリールと耐久性の高いジギング用のスピニングリールがあります。

ライトショアジギング用リールの目安
 品番  4000〜5000番クラス  シーバス用より大きめで
 糸巻量  PE2号が200m以上  バランスに合わせて
 価格  実売7000〜10000円前後  ジギング用は少々高くなります


楽天市場で安値検索



価格帯10,000〜14,000円台 (充実装備の入門モデル)

 ダイワ エクセラー3000 この価格帯では数少ないメタルボディとマグシールド装備

 ダイワ フリームス 3000 メタルボディの高剛性、エアローター、マグシールドなど

価格帯15,000〜19,000円台(ワンランクアップの充実機能)

 シマノ ストラディック4000 強度と軽さを併せ持つモデル!!


ナチュラム価格もチェック


icon icon
エクセラー3000 icon
 2017年にモデルチェンジしたエクセラーがマグシールドまで装備して登場しました!抑えた値段でもメタルボディの耐久度と防水性を兼ね備えたまさにライトショアジギングにピッタリなリールです。

 ライトショアジギングのターゲットは、小型とは言えパワーのある青物なのでリールにもパワーが欲しい。大きい獲物が混ざったり、水深があり比較的重めの メタルジグを投げるなら耐久性にも勝るリールがいいでしょう。





スポンサーリンク





ライトショアジギング用ライン



ライン選びのポイント


 ライトショアジギングでは飛距離やアクションを重視し『PEライン』を使用します。

 ライトショアジギングでもPEラインの『軽い』『伸びない(高感度)』性質が適しており、メタルジグの飛距離の向上、着底やアタリを感じることが出来ます。

ライトショアジギング用ライン購入の目安
 号数  1.5〜2.0号  
 長さ  200m以上  切れても続けられるように。
 価格  2000〜3000円程度  

 リーダーを組みますので、購入したPEラインと同程度の強度を持つ『フロロカーボンライン』も購入してください。


楽天市場で安値検索


 PEライン ハードコアX4 2.0号300m ハードコアX8 2.0号300m

 フロロカーボン バリバス ショックリーダー 30lb

(補足)
 糸の強度を表す表記に『lb』(ポンド)という単位が使われ、糸に何ポンド重量を掛けて引っ張ったら切れるかを表しています。(1ポンド≒0.5kg)

 同じ号数でも強度が違うラインがありますが、例えば2.0号の太さに満たなければ1.5号と表記になるため、実際は2.0号に近い太さだったりするかも しれないので、『表示が大きければいい』というわけではないようです。

 ※簡単でつよい結び方を紹介 ⇒ 図解・仕掛けとラインの結束

《注意》
 ラインが切れた場合は出来る限り回収し、必ず持ち帰り環境美化に努めてください。


メタルジグ(ルアー)の選び方



メタルジグ選びのポイント


 基本的にメタルジグを使用します。20〜28g・40g・50gくらいで、フィールドに合わせて選んでください。28gや40gあたりをよく使います。

 買うときのポイントとして、同じ重さでもより大きく見えるほうが魚にアピールできていいようです。安価なメタルジグでも十分なので実際手にとって見比べて、釣れそうな気がするものを買えばいいと思います。

 メタルジグにはフックが付いていない製品もありますので、別売りのトリプルフックを付けたり、リングとアシストフックを付けます。

ショアジギング用メタルジグ購入の目安
 重さ  20〜50g  水深や潮の速さに合わせて
 色  青・ピンクを中心に数種類  定番カラーですね
 価格  400円くらいから  この価格あたりからがよく市販されています


楽天市場で安値検索


 メタルジグ メタルジグ28g メタルジグ40g メタルジグ50g

《メタルジグ取り付け例》
 取り付けには、ジグを付ける為の『スプリットリング』、継ぎ目のない『プレスリング』、また二つがセットになった『コンビリ ング』があります。
 プレスリングはアシストフックに付いている製品と、付いていない製品がありますので、必要に応じて購入しましょう。



青物の釣り方



青物釣りのポイント


 青物を釣るためには、メタルジグを沈めてからアクションを加えてやります。ライトショアジギングではこのアクションが釣果に大きく影響するので、非常に 重要です。ここからは基本的なアクションについて説明します。

《ジャカジャカ巻き》
 細かく鋭いシャクリを入れてメタルジグにイレギュラーなアクションを連続させるテクニック。ロッドを上げたときにリールのハンドルを下げ、ロッドを下ろしたときにリールのハンドルを上げる。この一連の動作をテンポ良く行ないます。アピール度は高い。
 ライトショアジギングなら軽いメタルジグなのでやりやすいです。(^^)b

《ワンピッチジャーク》
 基本のパターンのひとつです。ジャカジャカ巻きを、ロッド全体を使い大きくしたイメージです。ラインスラッグを利用してしゃくるのでメタルジグに大きく スライドさせるようなアクションを加えることが出来ます。これもリズム良く行います。

《ただ巻き》
 ロッドを動かさず高速にリールを巻きメタルジグを泳がせます。アクションと言うか。ただ単調に巻き上げるのではなく、数秒巻いたらワンテンポ止め るなど変化をつけます。

 これらアクションを組み合わせる事を『コンビネーションジャーク』と言ったりします。一つのアクションばかりするのではなく、自分のコンビネーションを 作ってみるのも面白いですね。

ショアジギング アクションの動画を検索

《コンビネーション例》


 沖へ向かって投げた後、底に着くのを待ちます。底に着けるのは広い層を探るためであったり、青物の回遊が底の辺りにあるためですが、根掛りのリスクもあ りますから、着底を感じたらすぐにしゃくり上げましょう。

 アクションを加えながら、ジグが中層まで来たら再び底に落とし、アクションを繰りかえします。底〜中層にヒットが多いので魚のいる層が分からない時はこの基本パターン。

 アクションは単調に行うのではなく、数回のシャクリのあとワンテンポ止めたり変化をつけます。魚はこの『止めの間』に食ってくると言われていますので、 このようなアクションの変化は効果的です。




スポンサーリンク





 エギング  シーバス  ヒラメ  
 メバル  アジ  チヌ(黒鯛)  ロックフィッシュ
 ショアジギング  ライトショアジグ    

図解・仕掛けと結び方 リールの糸巻き クーラーボックスの選び方 ランディングシャフトの選び方
磯靴の選び方 フローティングベストの選び方 レインウェアの選び方 ヘッドライトの選び方
釣場とは・・・ ライントラブルと対策 魚を締めよう 渡船デビュー