ルアーフィッシング@入門タックル
       〜タックルの説明と釣りのワンポイント〜
スポンサーリンク





フラットフィッシュタックルの選び方と仕掛けの解説


 フラットフィッシュはヒラメ、マゴチといった砂地の海底に住む魚です。特にヒラメは言わずと知れた高級魚。くせがなく身の締まった刺身は最高です。こんな高級魚たちを狙って広大な砂浜に立ってみませんか。

 ヒラメ・マゴチは砂浜から手軽に釣れるとあって、人気のルアーフィッシングのターゲットです。一部フラットフィッシュ用のタックルがありますが、専用のタックルでなくともシーバス用タックルで十分に代用可能です。

 ここではシーバスタックルとの兼用を考慮しながら、フラットフィッシュに最適な道具選びや釣り方の説明をします。

 フラットフィッシュの生息域は、波打ち際から沖の深い海域まで広く分布 しています。産卵のため浅場へ移動し再び深場へ戻る移動をします。
 地域差はありますが、ヒラメは夏から秋にかけて接岸し冬に深場へ落ちて行きます。冬に釣れるヒラメは『寒平目』といい脂が乗っておいしい。
 マゴチは真夏に接岸し釣期となります。

フラットフィッシュ用タックルメニュー

 フラットフィッシュ用ロッドの選び方 フラットフィッシュ用リールの選び方

 ラインの選び方 ルアーの選び方 フラットフィッシュの釣り方




スポンサーリンク





フラットフィッシュに最適なロッド



ロッド選びのポイント


 ヒラメなどのフラットフィッシュは広大なサーフでの釣りになるため、飛距離は大きなアドバンテージです。そのためシーバス ロッドのラインナップの中でも、9ft〜10ftの長さのあるロッドを選びます。

 飛距離を重視し『PEライン』を使用しますので、強度の高いガイドを装備したロッドがオススメです。

フラットフィッシュ用ロッドの目安
 全長  9.0〜10.0フィート  長さがあると飛距離が出て有利
 自重  軽いほうが良い  軽いほうが疲れにくく良い
 ルアー重量  〜28gくらい  硬さはML、ルアー重量は28gくらい
 PEライン  1.5号まで使える  
 価格  実売価格10000円〜  Kガイドなど機能充実


楽天市場で安値検索



価格帯10,000〜14,000円台(快適な入門用ロッド)

 メジャークラフト クロステージCRX−962ML クロスフォースを装備し登場!!

 メジャークラフト スカイロード 962ML スカイロード 1002ML 充実装備で低価格

 シマノ ムーンショットS906ML 2016NEWモデル!

価格帯15,000〜19,000円台(ワンランク上の充実機能)

 シマノ ディアルーナXR S906ML ディアルーナXR S1000ML ダブルX構造!!

 メジャークラフト N-ONE 962ML ナノカーボン採用のNEWモデル


ナチュラム価格もチェック


icon
クロステージ962ML
 気軽に本格的なスペックを体感できるメジャークラフトのクロステージがモデルチェンジしました。クロスフォースも装備して3代目に進化して登場です。コストパフォーマンスに優れたモデルです。



フラットフィッシュに最適なリール



リール選びのポイント


 飛距離を考え3000番のスピニングリール(以降『リール』と言います)を使用します。シーバス兼用で 2500番でも問題ありません。(シマノのC3000は2500番と同じサイズになります)

 入門用のリールを購入する目安は、ラインが別売りで品物が並べて置いてあるものを選んでください。やはり安物はライントラブルの原因になるので、かごに無造作に入れてあるようなリールでは心配です。

 入門用モデルのリールは1000円くらいの違いで様々な機能や快適性が付いてきます。これからルアーフィッシングに入門する方に安価で機能的なモデルは実売で7000円前後(シマノ・ダイワ製)です。

(余談)リールと飛距離について
 シマノとダイワのリールで飛距離が議論にあがることがあり、一般にシマノのAR-Cスプールが飛距離に優れ、ダイワのABSが耐ライントラブルに優れると言われています。
 かくゆう管理人も飛距離を気にしてお店の人にも聞きました。結局『どちらでもいい』だそうです。入門した時はキャストを磨きましょう。(^^;)

フラットフィッシュ用リールの目安
 品番  シマノC3000、ダイワ2500  ハイギアも使いやすい
 自重  軽いほうがいい  疲れにくい
 糸巻量  PE1.0号が150m以上のもの  
 価格  実売価格7000円前後  


楽天市場で安値検索


価格帯5,000〜9,000円台(快適な入門用リール)

 シマノ サハラC3000 サハラC3000HG 抑えた価格でX-SHIPとHAGANEギア装備!

 シマノ ナスキーC3000 ナスキーC3000HG 装いも新たに登場!装備も充実!

 ダイワ レブロス2500 巻上げの軽いエアローターを装備した扱いやすいモデル

価格帯11000円前後(ワンランク上の充実機能)

 シマノ アルテグラC3000 アルテグラC3000HG ハイスペックの伝統モデル!

価格帯16000円前後(価格・性能が高次元で両立のミドルクラス)

 ダイワ EM MS 3012 EM MS 3012H 軽量でハイギアもラインナップ!


ナチュラム価格もチェック


icon icon
ナスキーC3000HG
 シマノのナスキーはエントリークラスながらギアシステム『X-SHIP』に加えて、高耐久の『HAGANEギア』を装備。パワフルな巻き上げを可能にしたモデルです。装いも新たにモデルチェンジしました!!





スポンサーリンク





フラットフィッシュのライン



ライン選びのポイント


 飛距離と感度の高い『PEライン』を使用します。

 PEラインとはポリエチレン繊維を編みこんだ糸で『強い』『軽い』『伸びない(高感度)』『高耐食』という特徴があります。そして『熱に弱い (摩擦ですぐ切れる)』『絡みやすい』と扱いにくい面もあります。

 広大なサーフではPEラインの飛距離が大きなアドバンテージになります。

フラットフィッシュ用ラインの目安
 号数  0.8号〜1.0号  シーバスと兼用なら1号くらい
 長さ  150〜200mくらい  

 PEラインを使用する場合、ルアーとの間に『フロロカーボン』を1.5mほど使います(リーダーと言います)。

 PEラインは摩擦に弱い糸なので、海底やテトラで擦ったら簡単に切れます。それを防止するためフロロカーボンを先端に結び欠点を補います。なので購入したPEラインと同程度の強度を持つ『フロロカーボン』も購入しておいてください。


楽天市場で安値検索

 
 (PEライン)
  DUEL ハードコアX4 1.0号 150m 1.0号 200m 求めやすい値段のPEライン

 (フロロカーボン)
  シーガーエース 5号 60m フロロカーボンリーダーの定番

 ※簡単でつよい結び方を紹介 ⇒ 図解・仕掛けとラインの結束

《注意》
 ラインが切れた場合は出来る限り回収し、必ず持ち帰り環境美化に努めてください。



フラットフィッシュのルアー



ルアー選びのポイント


 ワームとジグヘッドを使用します。ジグヘッドとは錘と針が一緒になった仕掛けで、ワームを刺して使用します。ワームは柔らかいプラスチックで出来た、魚 やミミズのような虫を模ったルアーです。

   
 ↑ジグヘッド  ↑ワーム

 ジグヘッドは広い砂浜から投げるので重いほうが飛距離が出ます。ジグヘッドは10〜14g程度。ソフトワームはエコギアのグラスミノーM〜Lなど。

 また飛距離を出すため『メタルジグ』も有効です。メタルジグは魚の形をした鉛の塊で飛距離が最高のルアーです。


楽天市場で安値検索


 ワーム グラスミノーM グラスミノーL

 ジグヘッド 静ヘッド 10g 12g 14g
       カツイチ S.Gヘッド 7g 10.5g

 メタルジグ メタルジグ 18g メタルジグ 21g メタルジグ 24g


 ※簡単でつよい結び方を紹介 ⇒ 図解・仕掛けとラインの結束



フラットフィッシュの釣り方



ヒラメ釣りのポイント


 広大なサーフはどこまでも広がり、どこを狙えばいいかわかりにくいと思います。

 フラットフィッシュも地形に変化のある所に多くいます。例えばテトラの傍の海底や、離岸流で海底が掘れている場所。また潮通しが良いところです。

 ヒラメは海底に身を潜め近くを餌が通るのを待っています(夜になると泳ぎだすそうです)。なので砂底のやや上を引っ張ってやれば食いついてきます。積極的に獲物を追うためギリギリでなくてもいいですが、活性が低い時などは近くにルアーを見せるほうが良いかもしれませんね。リフトアンドフォールも使い海底付近でアピールします。

 マゴチは海底から近づく餌を待っているため、海底ぎりぎりを通すイメージで。リフトアンドフォールも有効です。




スポンサーリンク





 エギング  シーバス  ヒラメ  
 メバル  アジ  チヌ(黒鯛)  ロックフィッシュ
 ショアジギング  ライトショアジグ    

図解・仕掛けと結び方 リールの糸巻き クーラーボックスの選び方 ランディングシャフトの選び方
磯靴の選び方 フローティングベストの選び方 レインウェアの選び方 ヘッドライトの選び方
釣場とは・・・ ライントラブルと対策 魚を締めよう 渡船デビュー