ルアーフィッシング@入門タックル
       〜タックルの説明と釣りのワンポイント〜
スポンサーリンク





ショアジギングタックルの選び方と仕掛けの解説

 
 主に青物と言われるハマチやカンパチ、ヒラマサがメインターゲットで、その強烈なファイトはまさに釣りの醍醐味。この青物たちをショア【shore 訳:岸、陸地】からメタルジグを遠投して釣るので『ショアジギング』と言われています。

 ショアジギングは、重たいメタルジグをひたすら投げてしゃくって・・・を繰りかえすため体力と精神力がいりますが、釣りあげた新鮮な青物の味を楽しめるのはショアジギングの特権です。

 他に比べハードな釣りなので、ショアジギングはタックルバランスが重要です。フィールドや体力に合わせてタックルを選んでください。これからショアジギングの入門に最適なエントリーモデルや、ちょっとした釣り方を紹介します。

 ブリやヒラマサなどの回遊魚は高い遊泳能力があり、餌の発生や水温の変化に合わせて夏には高緯度地方へ、冬には低緯度地方へと回遊を繰り返します。
 釣れる時期は地域によって異なり、回遊の情報収集が大事です。

ショアジギングタックルメニュー

 ショアジグロッドの選び方 ショアジグに適したリールの選び方

 ショアジグ用ラインの選び方 メタルジグの選び方 青物の釣り方




スポンサーリンク





ショアジギングロッドの選び方



ロッド選びのポイント


 ショアジギングで使うロッドは、専用の『ショアジギングロッド』があります。

 大型の青物は水深のあるところを回遊します。潮流に負けず海底に沈める必要があり、重量のあるメタルジグを使用できるショアジギングロッドが必要条件です。長さは10フィート前後、重量は水深や流れのある場所では100gは扱いたい。条件が緩ければもう少し軽めのジグでも使用できますので、フィールドに合わせて選んでください。

 ショアジギングロッドは重たいジグを投げてしゃくって、また青物との強いファイトにも耐えなければいけませんので、糸と接触するガイドリングにかなりの力がかかりますので、強度のあるガイドを装備したの製品が安心です。

ショアジギングロッドの目安
 全長  10.0フィート前後  飛距離と操作性のバランス。
 自重  持ち重りのしないもの  
 ルアー重量  100gが扱える  深く潮が早い場合には必要
 PEライン  PEライン3号  
 価格  実売18000〜20000円  機能や選択肢が充実


楽天市場で安値検索


価格帯15,000〜19,000円台(快適な入門モデル)

 シマノ コルトスナイパーBB S1000H ハイパワーXを装備して新登場!!

 メジャークラフト クロステージCRX-962H クロステージCRX-1002H

 メジャークラフト スカイロード SKR-962H SKR-1002H 充実装備と安心価格。

価格帯20,000〜25,000円台(ワンランク上の充実装備)

 シマノ コルトスナイパー1000H ハイパワーXとスパイラルXを装備して新登場!


ナチュラム価格もチェック



【送料無料】スカイロード ショアジギング SKR-1002HH
 ショアジギングに本気なメジャークラフトから、スカイロードショアジギングカテゴリが登場しました。クロスフォースとKガイドの充実装備と、求めやすい 価格のショアジギングロッド。100gも扱えるモデルもラインナップされて、入門にもピッタリの一本が見つかるモデルです。



ショアジギングに適したリールの選び方



リール選びのポイント


 ショアジギングで使うリールは大型で強度のあるのスピニングリールを使います。

 重たいメタルジグをしゃくり続け、青物の引きに耐えなければなりませんので、ショアジギングで使用するリールには耐久性が求められます。しゃくる動作には軽いほうが快適ですが、糸巻量も考えると選択肢が限られます。

 ロッドとのバランスもありますので、実際に竿を持ち込んで竿にリールをつけて比べられたら理想です。店員さんに頼んでみてもいいかもしれませんね。

ショアジギング用リールの目安
 品番  4000番以上  糸巻き量を確保・耐久性の高いもの
 自重  軽いほうがいい  
 糸巻量  PE3号が300m  小中型青物なら2号程度でもいい
 価格  実売10000円前後  


楽天市場で安値検索



価格帯10,000〜14,000円台 (快適なエントリーモデル)

 シマノ スフェロスSW 6000HG スフェロスSW 6000PG  高い防水性のSWリール

 ダイワ BG 4000 BG 4000H 剛性が高く最初の一台にも申し分ない性能

価格帯15,000〜19,000円前後 (機能が充実の入門モデル)

 ダイワ ヴァデル 4000 ヴァデル 4000H エアローターやマグシールドの充実装備


ナチュラム価格もチェック



ナチュラム価格もチェック
【送料無料】ダイワ(Daiwa) 15ヴァデル 4000
 ダイワの2015年NEWモデル。ヴァデルが登場しました。入門モデルでありながら、マグシールド、エアローター、アルティメットトーナメントドラグなどの充実装備。メタルボディで剛性も高いモデルです。





スポンサーリンク





ショアジギング用ラインの選び方



ライン選びのポイント


 ショアジギングで使用するラインは、飛距離やしゃくりやすさを重視し『PEライン』を使用します。

 ここでもPEラインの『軽い』『伸びない(高感度)』性質が適しており、メタルジグの飛距離の向上、また着底やあたりをラインを通して感じることが出来 ます。

ショアジギング用ラインの目安
 号数  3.0 号  釣り場のターゲットに合わせて調整
 長さ  300mくらい  高切れしても困らない長さを確保
 価格  4000円程度  

 リーダーを組みますので、PEラインと同程度の強度をもつ『フロロカーボンライン』も購入してください。


楽天市場で安値検索


 PEライン ハードコアX4 3.0号300m ハードコアX8 3.0号300m

 フロロカーボン バリバスショックリーダー 50lb 

(補足)
 糸の強度を表す表記に『lb』(ポンド)という単位が使われ、糸に何ポンド重量を掛けて引っぱったら切れるか表しています。(1ポンド≒0.5kg)
 同じ号数でも強度がちがうラインがありますが、例えば3号の太さに満たなければ2.5号と表記になるため、実際は3号に近い太さだったりするかもしれな いので、『表示が大きければいい』というわけではないようです。
 技術が向上し、同じ太さでも強度が高い場合もあるので一概には言えません。

 ※簡単でつよい結び方を紹介 ⇒ 図解・仕掛けとラインの結束

《注意》
 ラインが切れた場合は出来る限り回収し、必ず持ち帰り環境美化に努めてください。



メタルジグ(ルアー)の選び方



メタルジグ選びのポイント


 ショアジギングはメタルジグを遠投します。最初は60g・80g・100gをそれぞれ3個ほど持って、良く使うものを買い足していけばいいと思います。同じ重さでも、大きく見えるほうが魚にアピールできていいようです。手にとって見比べてみてください。

 またメタルジグの重心位置によって水中を沈下する動きが異なりますが、オーソドックスな中央重心と飛距離の出る後方重心が使いやすいと思います。

 メタルジグには後ろにトリプルフックが付いて売られているものとフックの付いていないものがあります。トリプルフックは糸に引っかかったトラブルの原因ですので、別売りでリングとアシストフックを買って付け替えます。(下図参照)

ショアジギング用メタルジグ購入の目安
 重さ  60g〜100g  水深や潮の速さに合わせて
 色  青・ピンクを中心に数種類  定番カラーです
 価格  600円くらいから  メーカー品は安心です


楽天市場で安値検索 


 オーナー 撃投ジグ 85g 105g

      撃投ジグ レベル 80g 100g

      撃投ジグエアロ 80g 95g

 ヤマリア メタルフリッカー80g 100g


 撃投ジグはまさに『筋金入り』ショアジギングのためのメタルジグ。レベルはフロントウエイトで姿勢を水平に保ちスローな操作が効果的。エアロはリア重心で飛距離が特徴。使用実績が高いことから、その性能が伺えます。

 ヤマリアのジグフリッカーは癖のないセンターバランス。アクションも飛距離もよく値段も手ごろ。全てにおいて安心して使えるメタルジグです。

 ※簡単でつよい結び方を紹介 ⇒ 図解・仕掛けとラインの結束


《メタルジグ取り付け例》

 メタルジグにはトリプルフックが付いているものがありますが、フックが糸に引っかかる場合があります。そのためトリプルフッ クは外し、左図のようにアシストフックを付けます。

 取り付けには、メタルジグを付ける為の『スプリットリング』、継ぎ目のない『プレスリング』、また二つがセットになった『コンビリング』があります。

 プレスリングはアシストフックに付いている製品と、付いていない製品がありますので、必要に応じて購入しましょう。



青物の釣り方



青物釣りのポイント


 ショアジギングで青物を釣るには、普段使うルアーより重たいメタルジグ投げ、底に沈めてからアクションを加えます。少しコツがありますので、ショアジギングの基本を動画で見てみましょう。

メジャークラフト動画
『メタルジグのキャスト方法』


『ショアジギングの基本動作』


 ショアジギングでは、メタルジグにつけるアクションが釣果に大きく影響するので、非常に重要です。ここからは基本的なアクションについて説明します。練習して是非できるようになりたいですね。

《ジャカジャカ巻き》
 細かく鋭いシャクリを入れてメタルジグにイレギュラーなアクションを連続させるテクニック。ロッドを上げたときにリールのハンドルを下げ、ロッドを下ろ したときにリールのハンドルを上げる。一連の動作をテンポ良く行ないます。
 アピール度は高いのですが、特に初期の慣れないうちは結構疲れますから、ここぞと言うときに。(^^)b

《ワンピッチジャーク》
 基本のパターンのひとつです。ジャカジャカ巻きを、ロッド全体を使い大きくしたイメージです。ラインスラッグを利用してしゃくるのでメタルジグに大きく スライドさせるようなアクションを加えることが出来ます。これもリズム良く行います。

《ただ巻き》
 ロッドを動かさず高速にリールを巻きメタルジグを泳がせます。アクションと言うか・・・。ただ単調に巻き上げるのではなく、数秒巻いたらワンテンポ止め て変化をつけます。

 アクションを組み合わせる事を『コンビネーションジャーク』と言います。一つのアクションばかりするのではなく、自分のコンビネーションを作って みるのも面白いですね。

《コンビネーション例》


 沖へ向かって投げた後、底に着くのを待ちます。底に着けるのは広い層を探るためであったり、青物の回遊が底の辺りにあるためですが、根掛りのリスクもあ りますから、着底を感じたらすぐにしゃくり上げましょう。

 アクションを加えながら、ジグが中層まで来たら再び底に落とし、アクションを繰りかえします。底〜中層にヒットが多いため、魚のいる層が分からない時は基本パターンで。

 アクションは単調に行うのではなく、数回のシャクリのあとワンテンポ止めたり変化をつけます。魚はこの『止めの間』に食ってくると言われていますので、 このようなアクションの変化は効果的です。


釣り場での携帯品など


 ジギンググローブ:キャスト時、ラインで怪我をしないように。

 クーラーボックス:釣った魚を新鮮なまま持ち帰るように。




スポンサーリンク





 エギング  シーバス  ヒラメ  
 メバル  アジ  チヌ(黒鯛)  ロックフィッシュ
 ショアジギング  ライトショアジグ    

図解・仕掛けと結び方 リールの糸巻き クーラーボックスの選び方 ランディングシャフトの選び方
磯靴の選び方 フローティングベストの選び方 レインウェアの選び方 ヘッドライトの選び方
釣場とは・・・ ライントラブルと対策 魚を締めよう 渡船デビュー