ルアーフィッシング@入門タックル
       〜タックルの説明と釣りのワンポイント〜
スポンサーリンク





チニングタックルの選び方と仕掛けの解説


 チヌ(クロダイ)は磯釣りなどのターゲットとして有名ですが、チヌをルアーで狙うチニングがもとても人気です。チヌのルアー釣り専用の道具も販売され、今後もチニングは注目のジャンルです。

 このチヌという魚は警戒心が強くルアーで釣るのは難しいとされてきました。しかしチヌは動物系のエサも捕食するためルアーでも釣れる魚であり、仕掛けや釣り方が開発されてきたことも、チニング人気の要因です。

 チヌのルアー釣り、チニングとは何かみてみましょう。

   チヌ(クロダイ)は雑食性の魚で、いろいろなものを食べています。イガイやカニ、コーンやスイカの白い部分などでも釣れる事は有名です。
 春先に産卵のため活発に捕食をする、いわゆる『のっこみ』という時期は活性も高くルアーへの反応もよくなります。

チヌ(クロダイ)タックルメニュー

 チヌ用ルアーロッドの選び方 チニング用リールの選び方

 チニング用ラインの選び方 チヌ用ルアーの選び方 チヌの釣り方(チニング)




スポンサーリンク





チヌ用ルアーロッドの選び方



ロッド選びのポイント


 チヌ用タックルでまずロッドを見てみましょう。チヌのルアー釣りに特化した専用ロッドも開発されています。

 チヌはエサをガジガジ噛みながら捕食します。そのためアタリを弾かない繊細さと、硬い口にフッキングさせるための張りも必要となります。それらをバランスよくセッティングしてチニング専用ロッドとして販売されています。

チヌ用ルアーロッドの目安
 全長  7.0〜8.0フィート  取り回しのよさ重視
 ルアー重量  15gくらい扱える  チヌ用仕掛けを幅広く
 ライン  0.8号が扱える  
 価格  実売10000円前後から  入門にも安心の装備がされています


楽天市場で安値検索


価格帯10,000〜14,000円前後(快適な入門モデルのロッド)

 メジャークラフト クロステージ CRX-T782ML黒鯛 モデルチェンジして登場!

価格帯15,000〜19,000円前後(ワンランク上の充実装備)

 メジャークラフト N-ONE 782ML-黒鯛 ナノカーボンのNEWロッド!!


ナチュラム価格もチェック


icon icon
クロステージCRX-T782ML黒鯛 icon
 チヌ用ルアーロッドと言えばメジャークラフト。クロステージがモデルチェンジして登場しました!クロスフォースにKRガイドを装備し機能充実。入門にも求めやすいロッドです。



チニングに適したリールの選び方



リール選びのポイント


 チヌのルアー釣り(チニング)で使うリールは、2500番程度のスピニングリールがちょうどいい大きさです。

 リールを購入する目安は、ラインが別売りで品物が並べておいてあるものがおすすめ。やはり安物はライントラブルの原因になりやすく、かごに無造作に入れてあるようなリールでは心配です。

 入門にも安価で機能的なモデルは実売で6000円前後(シマノ・ダイワ製)です。

チニング用リールの目安
 品番  2500番  
 糸巻量  PE0.8号が150mくらい  
 価格  実売価格6000円前後  


楽天市場で安値検索


価格帯5,000〜9,000円前後(快適な入門用リール)

 シマノ サハラC3000 サハラC3000HG 抑えた価格でX-SHIPとHAGANEギア装備!

 シマノ ナスキーC3000 ナスキーC3000HG 装いも新たに登場!装備も充実!

 ダイワ レブロス2500 いろいろな釣りに使える万能リール

価格帯10,000〜14,000円台(ワンランク上の充実装備)

 シマノ アルテグラC3000 アルテグラC3000HG ハイスペックの伝統モデル!


ナチュラム価格もチェック


icon icon
ナスキーC3000
 シマノのナスキーはエントリークラスながらギアシステム『X-SHIP』に加えて、高耐久の『HAGANEギア』を装備。パワフルな巻き上げを可能にしたモデルです!!





スポンサーリンク





チニングに適したラインの選び方



ライン選びのポイント


 チヌのルアー釣り(チニング)で使うのは、高感度なPEラインが向きます。

 PEラインとはポリエチレン繊維を編みこんだ糸で、『強い』『軽い』『伸びない(高感度)』『高耐食』という特徴があります。そして『熱に弱い (摩擦ですぐ切れる)』『絡みやすい』と扱いにくい面もあります。

 軽く強いPEラインは、かじるようなチヌのアタリも捉えてくれます。

アジングのラインの目安
 号数  0.8〜1.0号  
 長さ  150mくらい  エギングなど他にもいろいろ使えます

 PEラインとルアーの間に『フロロカーボンライン』を1.5mほど使います(リーダーと言います)。PEラインは摩擦に弱い糸なので、海底やテトラで簡単に切れます。それを防止するため摩擦に強いフロロカーボンを先端に結び欠点を補います。


楽天市場で安値検索


 PEライン ハードコア X4 0.8号 150m 求めやすい価格のPEラインです。

 フロロカーボン シーガーエース 3号 60m フロロカーボンラインの定番!

 ※簡単でつよい結び方を紹介 ⇒ 図解・仕掛けとラインの結束

《注意》
 ラインが切れた場合は出来る限り回収し、必ず持ち帰り環境美化に努めてください。



チヌ用ルアーの選び方



ルアー選びのポイント


 チニング用のズル引きに特化した根掛り回避能力の高いルアーが市販しています。

 虫系シルエットのソフトワームも一般的。ジグヘッドリグ以外にもチニング用に工夫した仕掛けが多数あり、これで底をズル引きするのが基本です。どの仕掛けも基本は底をズル引きする釣りとなるので、根掛りが心配です。安い仕掛けを工夫してみてください。

チヌのジグヘッド仕掛けの目安
 ジグヘッド重量  5g〜7g程度  
 ワームサイズ  2インチ程度  虫の形をしたワーム


楽天市場で安値検索



 ソフトワーム エコギア  チヌ職人 バグアンツ2インチ チヌに有効なカラーを厳選

 ジグヘッド ハヤブサ 底まっすぐ ずる引き時の安定姿勢が根掛りを軽減。

 ※簡単でつよい結び方を紹介 ⇒ 図解・仕掛けとラインの結束


ワーム、ジグヘッドおすすめショップ



フィッシングスクエア 楽天市場店


※おすすめポイント※
 シャッドテールから甲殻類型・魚型などたくさんの種類のワームがあります。ジグヘッドも豊富な品揃え。
 商品の長さや厚さなど寸法の表示、ジグヘッドとワームの組み合わせ方の解説もありとても親切。フィッシングスクエアならこだわりのセッティングが見つか るかも。



チヌの釣り方(チニング)



チヌのルアー釣り(チニング)のポイント


時間
 よく言われるとおり、チヌは警戒心の強い魚。しかし日が落ちて暗くなった時間には警戒感が薄れルアーにも反応がよくなります。ですからチニングはナイト ゲームが基本になります。

ポイント
 チヌは汽水域を好む魚です。海水の影響を受ける河口や、支流からの流れ込みなど、ベイトの居そうな場所を狙います。またカニなどの多い河口の砂地は根掛 りも少なくおすすめのポイントです。

釣り方
 基本はズル引き。竿の穂先で底の地形を感じながらゆっくりとリーリング。砂地はズルズル、砂利底はコツコツと感じます。甲殻類の虫がヒョコヒョコ動いているイメージ。

 コンコンッというアタリがあれば、チヌがルアーに反応しているので我慢してリーリングを続けます。ルアーを食込んだところで合わせを入れましょう。合わせ方も硬い口にフッキングするようしっかり合わせます。


 メジャークラフト チヌのルアー釣りが紹介されています。
 

 動画で紹介されているクロステージの黒鯛モデル。手ごろな値段で実力も十分。動画の最後にはシーバスまでキャッチしてます!!チヌ以外にもターゲットは 幅広く、便利な一本でおすすめです。




スポンサーリンク





 エギング  シーバス  ヒラメ  
 メバル  アジ  チヌ(黒鯛)  ロックフィッシュ
 ショアジギング  ライトショアジグ    

図解・仕掛けと結び方 リールの糸巻き クーラーボックスの選び方 ランディングシャフトの選び方
磯靴の選び方 フローティングベストの選び方 レインウェアの選び方 ヘッドライトの選び方
釣場とは・・・ ライントラブルと対策 魚を締めよう 渡船デビュー